薩摩川内市・防災ホームページ 薩摩川内市トップ 薩摩川内市・防災ホームページ
リンク集: 大雨情報 台風情報 週間天気 原子力情報 防災トップ

防災豆知識

避難勧告について
Q 『避難勧告』と『避難指示(緊急)』はどう違うの?

A 災害時に、市長が市民の皆様に対して「避難勧告」と「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。これらの違いをあらかじめ理解しておくことが「自らの身を守る」ことにつながります。
避難は自らの判断で早めに行うことが重要です。避難勧告などの情報が入らなくても、危険を感じたら自らの判断で避難(自主避難)してください。

◆「避難準備・高齢者等避難開始」とは・・・
事態の推移によって避難勧告や避難指示(緊急)を行うことが予想されるため、市長が避難のための準備を呼びかけるものです。避難に時間を要する方(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難を開始してください。その他の方は、避難の準備を整えてください。

◆「避難勧告」とは・・・
法律に基づき市長が居住者に立ち退きを勧め促すものです。(避難を強制するものではありません)速やかに避難場所へ避難してください。
外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難してください。

◆「避難指示(緊急)」とは・・・
被害の危険が切迫したときに市長が発するもので、「勧告」より拘束力が強くなります。まだ避難していない人は、緊急に避難場所へ避難してください。しかし、指示に従わなかった方に対して、直接強制までは行いません。
また、外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難してください。

詳しくはこちら!
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/hinanjumbijoho/index.html

災害用伝言ダイヤルについて
Q 遠くの被災地にいる家族の安否確認はどうすればいいの?

A 地震や大雨などの災害発生時には、特定の地域への電話連絡の殺到が予測されます。 災害用伝言ダイヤルは、被災地への通話がかかりにくい状態[ふくそう状態]になった時、被災地内の家族、親戚、知人などと安否の確認や緊急連絡を取れるようにするものです。

詳しくはこちら!
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html

土石流について
Q『土石流』って一体なに!

A 山の斜面から崩れた土や石、谷底にたまっていた砂利や石などが、梅雨や台風の大雨や雪解けなどの水と一緒になって、一気に流れ出てくる現象をいいます。

詳しくはこちら!

http://www.sabopc.or.jp/hukudoku/dosekiryu.htm

http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03021.htm

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/izumi_r.html

気象用語について
Q 『エル・ニーニョ』ってなんだろう!

A エル・ニーニョとはスペイン語で,「神の子イエス・キリスト」を意味し,クリスマスの後に頻繁に発生することに由来します。エル・ニーニョ現象が観測される海域は、南米ペルー沿岸から太平洋赤道付近の日付変更線にかけての広い範囲にわたります。エル・ニーニョ現象は、平年に比べて海面水温の高い状態が半年以上続く現象であり、およそ4年に一度の割合で発生します。エル・ニーニョ現象が発生すると、貿易風が弱まるなど、地球全体の大気循環に影響を及ぼし、世界各地の気象に大きな変化をもたらすと考えられています。 日本の暖冬、長梅雨、冷夏等は、エル・ニーニョ現象の影響によるものという説があります。


気象用語についての詳しい説明はこちら!

● 気象に関する用語集
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/mokuji.html

● 福岡管区気象台ホームページ
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/

● 気象庁ホームページ
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

● 鹿児島地方気象台
http://www.jma-net.go.jp/kagoshima/

● 地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/main/

災害時の必需品について
Q 災害時の必需品でどのような物があるのですか?


A 災害に備えて、これだけは準備しておきたいというものがあります。
ここであげてる必需品を参考に、家庭や自分たちの地域にあった防災資機材を万が一の時に備えて準備しましょう


災害が発生して、救援体制が整うまでに3日間かかると言われています。その3日間を自力で乗り切るためにも、次のような防災資機材などを準備しましょう

非常食、飲料水、タオル、軍手、三角消火バケツ、水バケツ、投てき水パック、家庭用消火器、ヘルメット、防塵メガネ、防塵マスク、懐中電灯、ペンチ、ハンマー、バール、鋸<片刃式>、シーツ、毛布、スコップ、厚底の靴、いす、ビニールシート、風呂敷<三角巾代用>、非常持ち出し袋

詳しくはこちら
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html#c3